FC2ブログ
文字の大きさを「大」「中」「小」に変更できます



まみのデジブラ

全身性強皮症、甲状腺機能低下症、シェーグレン症候群、肺高血圧症を抱えつつお写んぽ時々。うまくいったら、それでよし。 うまくいかなくても、それでよし。 今日もポジティブシンキング!

昨日は病院(呼吸器内科)でした 

2020/06/05
Fri. 07:58


昨日は、暑い~~~一日でした。
そして、今日は何と33度との予報。 (;゜〇゜)ぎょ!
一気に夏ですね。今年の梅雨はまだだというのに、、、


そんな中、昨日は1年ぶりに呼吸器内科の診察。
採尿・採血にレントゲン、CT、間質性肺炎があるので呼吸器機能の検査。
2階へ降りたり、3階へ戻ったり、歩行車をお供に連れていてよかった。

検査結果は?
昨年とほぼ変わらずということでしたので、安心しました。
肺野部にすりガラス状陰影があるのですが、広がっていなかったのですね。 ( ´o`)ロ< ホッ


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
でね、Drが開口一番「酸素はしてないの?」ですって。私、「えっ。どのDrにしんどいと言っても酸素のお話は聞いてないのですが、、、」。ここでもう少し突っ込んで、やはり長く歩くとしんどい私は酸素が必要なのかどうか尋ねようかどうしようかと思ったもののそのまま帰宅。

アッチャ~、何で尋ねなかったのだろうと思っても後の祭り、何てあんぽんたんなことを、、、o(^○^)oアハハ
まっ、酸素の件は来年の診察のときにということにしましょうか。
それまでに、しんどさがもっときつくなるようであれば呼吸器内科のこのDrに相談しましょ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
昨日は検査疲れに診察待ち疲れで バッタンQ~ *o_ _)o


皆さんマスクしていますよね。
これからの時期、気をつけないと熱中症になる可能性ありということです。
水分しっかり摂ってお気をつけくださいね。


[編集]

コメント: 4
トラックバック: 0

page top

定期診察 

2019/07/18
Thu. 11:23

週の火曜日、(つまり16日)ですが、腎臓内科と循環器内科の定期診察日でした。
10:00予約の腎臓内科は1時間遅れの11:00になり、10:30予約の循環器内科は、なんと12:30になり、これまた診察待ちで疲れた一日となりました。


難病持ちかつ圧迫骨折3か所ありの身にとって、この待ち時間には正直泣かされます。
循環器内科の診察待ちを見ていると、呼ばれても呼ばれても、待っている患者はなかなか減りません。
「先生、多くて大変ですね。」と、それでもねぎらいの言葉は忘れずに、、、、、。


P6210116.jpg


脊椎専門医に「セメント注入及び固定術の話を切り出されて、セメント注入をお願いしようと考えているのですが、、、」その他気になることも含めて循環器内科Drに伺いました。「セメント注入がいいでしょう。お勧めしますよ。」とのことだった。

P6210103.jpg
                     ヘブンリーブルーとアプロチンは蔵出しです。


「全麻は不安があるので局部麻酔は」とお聞きすると、、、「そりゃあ痛いよ。だって、こんなにぶっとい針を突き刺すのだから」と恐ろしいお話。間質性肺炎肺高血圧症のある私としては、できることなら全麻はやってほしくない。局部麻酔では耐えられない痛さなのだろうか、、、。



P1020531a.jpg



ずれにしても、どうするかは脊椎専門医に詳しいお話を聞いてから判断するということになる。
そのお話を聞くために予約をとろうとTELしたら、今月中は予約がいっぱいです。どうしてもということになると、予約なしで待つしかありませんが、そうなると診察は夕方ぐらいになる可能性大と。ギャーッ、脊椎専門Drはモテモテで、これまた大変なのね。

結局、8月8日に予約決定。


肝心の定期診察の結果ですが、やはり貧血は改善されてないので腎性貧血用の痛~いミルセラ注射、クレアチニン値が前回より高くなっていますが、何か変わったことがありましたかとDr。草取りを3時間ずつ2日しましたがと私。
これで疲れて数値が高くなった? やっぱりぐうたら推奨? 

まっ、何とかなるでしょうということで、今回の定期診察もそれほど大したこともなく終了。
それにしても待ち時間が、、、ね。




   健康でよい一日をお過ごしくださいね。


[編集]

コメント: 2
トラックバック: 0

page top

呼吸器内科 5項目の検査 

2019/06/07
Fri. 09:27

日は1年ぶりの呼吸器内科の診察がありました。検査項目は採尿・採血・レントゲン・CT、呼吸機能検査と、
検査のオンパレード。間質性肺炎の(淡いすりガラスのような影の状態) 間質影の広がりや程度を見るために胸部
CT
を、また肺活量やガス交換能の低下を調べるための肺機能検査です。

幸いなことに、レントゲン結果でもCTでも、1年前と比較して間質影の広がりはなく、肺機能検査も問題ありません。次回の診察は1年後でよろしいということで、とりあえず間質性肺炎の件についてはアンドいえ、安堵。 (๑′ᴗ‵๑)
しかし、2階に降りたり3階に上がったり、あっちの検査室にこちらの検査室、病院って疲れるもんです。疲れました。



今日は朝から「雨」
雨といえばアジサイ。 アジサイ写しに行きたいなぁ~

        画像をクリックで拡大します。もう一度クリックで元の画面に戻ります。
           P6250037_201906070916553e1.jpg P6250035_20190607091653e23.jpg
                    蔵出し写真です。

娘はカッパ着用、チャリンコで出勤しました。
毎日休まずお仕事に行きますが、よくここまで頑張れるもんだ、時には行きたくない病にかからないのかなと。



ということで、来週初めには歯医者でいつものメンテナンス、そして次の日には腎臓内科と循環器内科の定期診察、
そして、木曜日には娘のハローワーク行き、私はアッシーちゃん、再来週は娘の病院行きで、これまたアッシーちゃん。
しんどいだの体調悪いだの言ってられません。 


しかし、何度も繰り返しますが、病院通いは疲れる。 (ヘ;_ _)ヘ



[編集]

コメント: 8
トラックバック: 0

page top

実に 1/3 

2019/04/17
Wed. 08:02

気温の乱高下とともに、体調も乱高下を繰り返し、昨日は、ついにぶっ倒れる寸前。
オトーサンに休んでもらって病院に連れてってもらいました。
ついこの間はお花見らしきお花見ではなかったものの、それでも花を愛でることができたというのにね。


P1010736.jpg
   引き出しを整理していたら、トマトとキュウリの種を見つけたので、今年は種から作ってみようかななんて・・……(-。-) ボソッ

そんなことを思っていた矢先に、先日の日曜日、何だか朝から調子がよくない。
そんなわけで、日曜日は一日中お布団の中、おねんねの状態。
続く月曜日はもっと体調が悪くて、頭がフラフラ、熱っぽい、寒気がする。なので、この日もお布団の中。

P1010730.jpg

この日、結局夕方には38.4℃まで体温は上がり、水枕に氷を入れておねんね。食欲なし、食べられません。
次の日、火曜日は朝から嘔吐。さすがに病院へと思ったものの、足元フラフラでまともに歩けそうにありません。
オトーサンに病院まで連れてってもらって、病院内では車椅子状態。

総合診療内科で診察してもらうことにしました。
まず、消去法からですね。インフルエンザなのかどうか、だったらA型B型か。結果はどちらも罹ってないと。
ひとまず安心。明日(つまり今日)は、オトーサンは試験官、足止め食らったら行けなくなると嘆いておりました。


そして次は、間質性肺炎の状態がどうかを調べるためCT検査。
こちらも以前の検査時とほぼ同じ状態なので、まず心配なしと。
で、結局診断は「気管支炎」ということになりました。咳も痰も出ないのですが、、、、、。

Drがおっしゃるには、気管支炎から体調が悪くなり、一気に間質性肺炎の状態が悪くなることがありますから、
体調が悪かったら、時間を問わず病院へということです。
実は、私もこの間質性肺炎がとても怖いのです。状態が悪くなると、、、おしまいですからね。



そんなわけで、今日もまたお布団の中で安静にすることにしました。
明日は娘のハローワーク認定日です。アッシーちゃんは何とか頑張って行けると思うのですが、、、
まさに1年のうち3分の1を体調が悪いと言ってはお布団の中状態、もしくはそれに近い状態。何とか負けずに頑張らなくてはと思っているこの頃。。。。。



 今日も健康で、よい一日をお過ごしくださいね。



[編集]

コメント: 10
トラックバック: 0

page top

おかげさまで回復しつつあります 

2019/03/21
Thu. 20:55

長らくご無沙汰しました。 <(_"_)>ペコッ
頂いたコメントにお返事もせずに、お布団の中生活がしばらく続きました。
この間いただいた頑張れ拍手、本当にありがとうございました。


P1010545_201903212038535f0.jpg

ニャンズは、おかげさまで皆元気!



         画像クリックで拡大します。もう一度クリックで元の画面に戻ります。
  P1010547.jpg P1010539_1.jpg P1010553.jpg P1010556.jpg
    ?(゜_。)?(。_゜) ンンッ 4枚目の写真が表示されない? あれっ、どうやっても表示されない?
     とりあえずこの状態のままにしておこう。


お布団の中が続いた後、ヤフオクでTOSHIBAのノートパソコン15.6インチ SSD搭載をGET。
しばらく設定に没頭しておりました。やっぱり、デジモノいじっているときが一番幸せ、体調は気象が影響して、
よい日と悪い日が入れ替わり続きますが、何があろうとパソコンいじっている時間が至福のとき。 o(^○^)oアハハ


も、おかげさまでトライアルに行っていたB型事業所に正式に決まり、
11日に契約、ついでにお仕事と、何とか一つ山を乗り越えました。またA型目指して出直しです。
母体は社会福祉法人ですし、結構行事もいろいろあり、おまけに給食あり。お弁当づくりをしている私は助かります。

し、しかし、、、もう一人のお方はお弁当はいいよと言いません。 ギャフン!
結局、毎日お弁当は欠かせないというところです。 
くっちょ~~~、ときには自分で作れないのかなと毎朝お弁当つくりながら、恨み言。 (* ̄m ̄)



今日、2月中旬までボランティアで行っていた事業所に(休日ですが、出勤されているので)お礼に行ってきました。
途中、手土産を買いにスーパーに寄りましたが、、、
あれっ、いつものようにしんどくない、少し楽。 どうやら貧血は少しずつ回復傾向にあるようです。


そんなわけで、ちょっとだけ近況報告、
また少しずつブログの更新もできると思いますので、
応援よろしくお願いいたします。  ヾ【* ̄ー


[編集]

コメント: 4
トラックバック: 0

page top

最近の体調 

2018/01/21
Sun. 10:52

昨日は大寒、一年で一番寒い時期であるにもかかわらず暖かい一日でした。
しかし、明日以降、またもや寒波襲来、寒くなりそうですね。
レイノーは?相変わらずこの時期はつらいものがあって、湯たんぽ抱えて温めて、それから行動!

強皮症ですが、起床時手指の腫れが最近また目立つようになり、手指の関節は硬い、そして痛い。
この関節が硬い症状には注意が必要で、ほうっておくとタッチタイピングができなくなってしまうおそれがある。
タッチタイピングだけではなく、いろいろなことに関して支障が出てくる可能性もあるんですね。


    capture1s.jpg


すべての項目を実施するにはかなり無理がありそうですが、
強皮症リハビリテーションというものがweb上にあるのですから、
気をつけたいところは、これを参考にしてリハビリしなくてはと思っています。
 →  強皮症リハビリテーション

足のほうは、打ったところの痛みはまだかなりあります。それでも、少しずつよくなってきているようです。
シーネ? 邪魔になるし、ちょうど打って痛いところに当たるので、 (´ー` )ノ゜゜ ポイッ!
あと圧迫骨折後の背中、腰の痛みですね。これは日にち薬ということで、まーあと1年もすれば痛みはなくなるでしょう。が、今はまだ痛い! 相変わらずいつも痛いところを抱えている。 o(^○^)oアハハ

でもね、痛いからといって何もしないわけにはいきません。
できることをできるうちに、できないこともできるようになるかもしれないし、
何事もやってみなきゃ分からない。 と、今日も朝からカラ元気!

明日から、また寒くなりそうです。
風邪など引かれないようお気をつけください。
よい一日をお過ごしくださいね。

[編集]

コメント: 4
トラックバック: 0

page top

昨日は定期検診で今日は歯医者 

2017/12/27
Wed. 21:00

(o´_`o)ハァ・・・と思わずためいきつきそうな、、、、、、
相変わらず病院通いが多いので、ついつい(o´_`o)ハァ・・・と。
ため息をつくと幸せが逃げていくとかそうでないとか。


ため息にマイナスのイメージを抱いている人が多いのでしょうけど、体の機能の面から見ると、ため息はとても役に立つものだという。「幸せが逃げる」どころか、むしろ「体にいいもの」なのだそうである。「ため息は、バランスが崩れた自律神経の働きを回復させようとする、体の作用。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえます」。

  順天堂大学医学部教授で、自律神経の働きを研究する小林弘幸氏はこう話す。「ため息は、バランスが崩れた自律
  神経の働きを回復させようとする、体の作用。いわば、機能回復のためのリカバリーショットといえ
  ます」と。


  ため息が出る前と後の体の状態
ため息が出る前と後の体 の状態
ため息が出る前ため息が出た後
体の状態胸やお腹の筋肉が緊張し、呼吸が浅い呼吸が深くなり、緊張がほぐれる
血液の状態酸素が不足気味血管が収縮し、酸素の供給が増える
自律神経の状態交感神経が優位副交感神経もしっかり働く


ため息の話から横へそれましたが、昨日は今年最後の定期検診日。
いつもほど待ち時間は長くなかったので、助かりました。
ヘモグロビン数値は少し上がり、腎性貧血用のミルセラ注射は来月はしなくてよいと。

問題のクレアチニン、昨日は「1.15」。基準値の範囲は女性が0.4~0.8mg/dlですから、これから言えば結構高い数値なのですね。主治医が腎臓内科の医長ですから、お任せしているのですが、前回と比較すると少し下がっていますということで、高い数値ではあるものの、まあ心配しなくてよいでしょうと。信じていますので、Drの言葉を。

そんなこんなで、今年の膠原病関係と循環器関係の受診は終わり、次回は来年1月。
そして、今日は歯のメンテナンス。いつまでも、病院と縁は切れそうにないですね。 
病とはこの先も付き合っていくしかないものですから、うまく乗り越えていきたいものです。    


今年も余すところ4日となりました。
明日も寒くなりそうです。
風邪・インフルエンザには十分お気をつけくださいね。


       

[編集]

コメント: 6
トラックバック: 0

page top

2020-08