FC2ブログ
文字の大きさを「大」「中」「小」に変更できます



まみのデジブラ

全身性強皮症、甲状腺機能低下症、シェーグレン症候群、肺高血圧症を抱えつつお写んぽ時々。うまくいったら、それでよし。 うまくいかなくても、それでよし。 今日もポジティブシンキング!

ダウン症候群(染色体異常)の老化現象 

2011/02/02
Wed. 13:18

 初めに、コメントをいただいたままでそのままになっていたkunちゃん、大変失礼しました。

 12月初旬より、それまで仕事をしていた学校法人の仕事に正式に就くこととなり、多忙な毎日を送っておりました。学校法人というのは、療育関係の学校法人で、アスペルガーとか自閉症等々、障害を持つ児(者)について、その支援等々、療育に関する講座を開催しているところです。

 先日、学院長が来年度の講座で穴があくところができたということで、以前聞いていた「ダウン症候群」の講座をとお願いしたところ、早速それを取り入れていただくことになった。シラバスやパワーポイントのデータをいただき、その内容を早速プリントアウトして読んだ。

 予想していたこととは異なり、その内容は、母親である私にとって衝撃的なものだった。早期に老化現象があらわれるということは、今までその類の書物を読んで理解していたのだが、そのあらわれ始める時期が余りにも早すぎる。40歳を過ぎると、その傾向が始まるということで、と同時に白内障・アルツハイマー等々、いろいろな病気も併発するということだった。

 私は、そのことについてはまだまだ不勉強であったので、余りにもショックが大きくて眠られない日々が続いた。「何と悲しい生涯なんでしょう。」と学院長に言うと、「それが染色体異常なんですよ。」と……。

 やっと、少しばかり落ち着きを取り戻したものの、ふとしたときに思うのは、我が娘のこれから先のことばかり。今は毎日元気で働いているものの、そのうちいろいろな障害が出てくると思うと、悲しんだり神を恨んだりばかりはしていられないんです。

 親として、でき得る限りのことをしてやりたい、してやらなくてはならない。そして、恐らく介護が必要になるであろうそのとき、介護する私たちが健康でなくてはならない、一日一日を大切に大切に過ごしていかなくてはならない。

 今日は、朝から鼻水たらりで、久しぶりに仕事をお休み、あれやらこれやらいっぱい思うことがあって、ブログに書きなぐっているところです。

 カメラは、このところさっぱり手にしていません。もう少し落ち着いたら、デジブラにも出かけられるかな~

[編集]

コメント: 7
TB: --

page top

2011-02