FC2ブログ
文字の大きさを「大」「中」「小」に変更できます



まみのデジブラ

全身性強皮症、甲状腺機能低下症、シェーグレン症候群、肺高血圧症を抱えつつお写んぽ時々。うまくいったら、それでよし。 うまくいかなくても、それでよし。 今日もポジティブシンキング!

7年に満たない日々を一生懸命生きたごん 

2018/04/30
Mon. 20:32

毎日毎日たくさん食べて、他のニャンコたちは皆寝ているのに、
ごんちゃん、あなたは一人起きて駆け回っていましたよね。眠くてたまらない目を何度見たことでしょう。
それでも、寝るのは勿体ないとばかりに、ごんちゃん、あなたは起きていた。


R0010864a_20180430201522dab.jpg

会いたい、今も会いたい、
お尻プリンプリン振って階段を降りるあの仕草、台の上に乗っかって、ちょいと、ちょいとと手を出す仕草が今も思い出されて、今宵も涙ボロボロ いっぱい流しています。

まるで短い猫生が分かっていたかのように、寝るのを惜しみ、食べるものはいっぱい食べ、家人に愛嬌振りまいて、
やりたいこといっぱいやって(あっちのドアもこっちのドアも突破して)、部屋から部屋を自由に行き来。
ごんちゃんがドアを開けると、ミーちゃんは喜んで後をついていってました。今、それもかなわないこと。


「ごんちゃ~ん」、

頑張るから、見守ってておくれ。


[編集]

コメント: 6
トラックバック: 0

page top

お仕事 

2018/04/29
Sun. 13:11

登録してから既に3か月以上が経過、この間、お仕事ですよ~の連絡は全くなし。
パソコンのお仕事はないのかな、販路開拓ができてないのかなと思っていたら、、、、、
先日、連絡がありました。

           写真をClickで拡大、もう一度Clickで元の画面に戻ります。
P1010176.jpg
「藤」の花って、どういうふうに写せばきれいに写せるのでしょうね、写し方がいま一という感じで、悩みの一つでもあります。


そのお仕事ですけどね、
何と「特定疾患受給者証」の更新手続受付けのお仕事ということでした。
私は難病持ち、まさか自身の特定疾患に関係するお仕事なんて、夢にも思っていませんでした。

       P1010226.jpg P1010225_2.jpg P1010214_2a.jpg
      カメラ: LUMIX DMC-GX8   レンズ:LEICA DG SUMMILUX 12mm/F1.4 ASPH.


連日フルタイムでは、体力的に無理ですが、2人体制、1人体制のときありということと、
毎日ではないということだったので、何とかなるかなと。まっ、ともかくお仕事に取り掛かる
前に説明があるということなので、そのうちはっきりしたことがわかるでしょう。

しかし、6年お仕事から離れていたら(その間、時々はやってはいました)、ちょっぴり不安もあると言えばある。
5月21日から9月末までということだから、この程度がちょうどよい。何にしても、当たってぶつかってみなくちゃ分からない。
なるようになる~ なんて楽天的でいいのかな?(あーた、大丈夫?) 。。。。。(*´σー`)。。


どっちにしても、久しぶりのお仕事なので、
楽しみではあります。 なるようになる~なんて言ってちゃだめ。
ともかく ᕦ(ò_óˇ)ᕤガンバル! ごんちゃん、応援よろしく頼む!


[編集]

コメント: 7
トラックバック: 0

page top

藤公園 

2018/04/27
Fri. 20:13

毎日毎日ごんのことを思い出しては涙、、、、、
ごんちゃん もう一度あなたに会いたいよと、、、、、
涙はなかなか乾きません。


そんな毎日を送る日が続いているのですが、そろそろ見頃かもしれないと、今日お休みのオトーサンと一緒に和気町の藤公園で催されているフジ祭りにお出かけ。人がたくさんになると写せないからと早めに出かけました。10時過ぎに到着しましたが、結構たくさんの方がいらっしゃって、正直写真は撮りづらい。10時過ぎじゃ遅いのね。

           写真をClickで拡大、もう一度Clickで元の画面に戻ります。
P4270022.jpg

P4270015.jpg
人が写らないようになんてまず無理で、そうなると思いっきり開放で写すしかありませんし、
うまく決まったかなと思っているところへ、どちらかのだれかさんがす~っと入ってくる。こりゃどうにもなりませんわ。(๑′ᴗ‵๑)

              P4270026.jpg P4270008_20180427194250306.jpg
      カメラ:OM-D/E-M1   レンズ:SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO



P4270114.jpg
                     ちょっと変わった種類の藤も見えました。
P4270139.jpg


           写真をClickで拡大、もう一度Clickで元の画面に戻ります。
              P4270157.jpg P4270150a.jpg

          カメラ:OM-D/E-M1  レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8


GWには沢山の人で賑わうことでしょう。
というわけで、久しぶりのブログ更新は、
これまた久しぶりのお写んぽのご報告でした。



[編集]

コメント: 2
トラックバック: 0

page top

振り向いても、ごんはいない 

2018/04/18
Wed. 20:20

少しずつ少しずつ元気は取り戻していますが、涙はなかなか乾きません。
あのときこうしてやればよかった、最後は病院ではなくて我が家で看取ってやればよかった、
してやれることはもっとあったのではないか等々、思い出す度に涙。「ごんちゃん、ごめん!」と。

今、ごんは、私のデスクトップでよく寝ています。
ほら、こんなに気持ちよさそうに。↓
パソコン起動するたびにこの寝顔。


            写真をClickで拡大、もう一度Clickで元の画面に戻ります。
R0010834_20180418170554f40.jpg


シャム猫2匹とは最初から相性が悪かったので、1階居間にいる時間がとても長かった。(活発で、よく走り回っていました)
から、振り向けば「ごん」、それなのに、私は、、、、、たくさん抱っこしなかったのねと後悔の涙。
寂しかったのではないかと思うと、また涙。後になって、これほど悔やむことがたくさんあるとは、、、、、


     写真や動画を整理していたら、このような動画もありました。過去の動画から(2013年作) 
  



どうして、これほど涙が出るのでしょう、、、、、今日もまた、思い出しては涙。
どうして、あれほど急いで旅立ってしまったのでしょう。
今となっては、何もしてやれません、姿は見えず声も聞けません。


ミーちゃんも寂しそうです。ごんちゃんとよく出ていたお縁で、外の空気を精一杯吸い込み、
ごんちゃんを思っているのでしょうか、、、
明日は注文していたおりんが届きます。おりん鳴らして、ろうそくつけて、お線香あげましょうね。


         写真をClickで拡大、もう一度Clickで元の画面に戻ります。
     P1010140.jpg P1010165.jpg P1010168_1.jpg


[編集]

コメント: 2
トラックバック: 0

page top

幸せをありがとう 

2018/04/07
Sat. 20:37

お別れの言葉、お悔やみの言葉をたくさんありがとうございました。


荼毘に付した後、納骨堂へ預けたのですが、
気が動転していたのでしょうか、何でお家に連れて帰らなかったのだろうと。
本日、我が家に帰ってきました。大好きだった居間の一角に、ごんちゃんはいます。


        写真をClickで拡大、もう一度Clickで元の画面に戻ります。
   P8067939s.jpg P8097987s.jpg P8027860s.jpg
   我が家に来た当初は、こんなにかわいかったのです。とてもやんちゃでした。


2013年2月3_1
           このキャットタワーが大好きでした(一番高いところに上がるのが)

P5181288s.jpg
           だんだん幼さは消えて、大人の顔に近づいてきました。





朝起きて、階下に降りると、そこにはいつもごんがいました。
今は、もういないごん、いっぱいいっぱいご飯を食べて食べ過ぎじゃないのと言われていたごんは、もういない。
そんなごんの写真を、一纏めにして動画にしてみました。何かしていないと、気が紛れなくて、、、、、

写真を集めていても涙、動画づくりをしていても涙、
振り向けばごんがいる、まだそんな気がするのです。
こんな気持では、いい作品はできません。「母ちゃん、しっかりしろ」と、きっとごんは、そう言ってることでしょう。


今、痛みもなく苦しみもない虹の橋で、ナナちゃんやお友達とたくさん遊んでますか?
たった7年の猫生は、余りにも早すぎて、もっともっと抱きしめてあげればよかったと、悔いが残ります。

本日もほとんど1日涙、お目々腫れちゃったではありませんか。
いいかげん泣いたら元気出さなくては、ね、ごんちゃん。
母ちゃん、元気出す!



[編集]

コメント: 8
トラックバック: 0

page top

虹の橋へ 

2018/04/04
Wed. 20:21

2018年4月4日午後4時、ごんは、ナナちゃんの待っている虹の橋へと旅立ちました。
たった一日の間に、あっという間に、そんなに急がなくてもいいのに、
ごんちゃんは急いで虹の橋を渡ってしまいました。まだ7歳になっていなかったのです。


P4040052.jpg

「吾輩は人間である?」人間と間違っているのじゃないかというほど人間の素振りをよく見せました。
顔をくっつけてきたり、家の者が通りかかると、ちょいとって足でちょっかいを出したり、家族のだれ
かれとなく頭の匂いを嗅いでみたり、短い間でしたけど、思い出はいっぱい。 嗚呼。。。。。

P4040048_1.jpg

苦しみぬいたような顔ではなかったのがせめてもの救いです。


天国のちょっと手前に
虹の橋と呼ばれる場所があります。
この世界で誰かと特に親しかった動物は死を迎えると、虹の橋に行くのです。
そこには親しかった彼らのために用意された草地や丘があり、
動物たちは一緒に走ったり遊んだりできるのです。

豊富な食べ物に水、お日様の光があり、
動物たちは暖かく心地よく過ごします。

病にかかったり年老いた動物たちは皆、健康になって元気になります。
傷ついたり不自由な体になった動物たちも、また元通りになって力強くなります。
まるで、過ぎ去った日々の夢のように。
動物たちは幸せで充実していますが、一つだけ小さな不満があります。
みんな、とても特別な誰かと、残してきた誰かと会えなくて寂しいのです。
彼らは一緒に走ったり遊んだりしています。

しかし、
ある日、一匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきらと輝き、
身体はしきりに震え出します。

突然、彼は群れから離れ、緑の草を速く、速く飛び越えて行きます。

彼はあなたを見つけたのです。
そして、ついにあなたとあなたの特別な友だちが出会うと、再会の喜びにあなたは抱き合います。
そして二度と離れることはありません。

幸福のキスがあなたの顔に降り注ぎます。
あなたは両手で再び最愛の友の頭をなで回します。
そして、あなたは信頼にあふれる友の眼をもう一度覗き込みます。
その瞳は、長い間あなたの人生から失われていたものですが、心から決して消え去りはしなかったものです。

それから、あなたは虹の橋を一緒に渡って行くのです。

                                          (作者不明)



今夜一晩お家で過ごして、明日、10時荼毘に付します。
その後、ナナちゃんと一緒の納骨堂へ、、、、、。
急いで旅立ってしまったごんちゃん、母ちゃんはとても悲しい、そして寂しいです。



[編集]

コメント: 14
トラックバック: 0

page top

覚悟を決めても 

2018/04/04
Wed. 16:14

お昼前に面会してきました。
血栓を溶かす治療をしてもらっているにもかかわらず、もう一本の足にも血栓が飛び、
面会に行ったときには、両方の後ろ足肉球部分がチアノーゼを起こしている状態でした。

決して、よい状態ではありません。
ICUに入って酸素補給してもらっているのですが、
名前を呼んでもこちらを見ることもなし、、、、、。

そして、先ほど病院から連絡あり、呼吸が浅くなっているし、よだれが止まらなくて、
よい状態ではありませんと。急変する可能性がありますということでしたので、覚悟を
しておいたほうがよいということでしょうかと尋ねると、「はい」と。

運を天に任せるしかありません。
ごんちゃん頑張れ、
だけど、しんどいよね。苦しいよね。私の力でどうしてあげることもできない。悲しい。

覚悟は決めていても、そのときが来たらと思うと、平静な気持ちではいられません。
先ほど、電話を受けたときから涙、、、、、、
あれほど元気だったのに、どうしてこれほど急なのよ。涙。。。。。

主人の帰りを待って、もう一度急ぎ面会に行ってきます。
頑張って欲しいけど、これ以上痛い思い、苦しい思いはさせたくない。
最後の面会になるのかも、、、、、。それとも、ふと頭をよぎる安楽死という言葉も、、、、、。


いただいているコメントのお返事は後ほどさせていただきます。 m(_ _)m 済みません。

[編集]

コメント: 0
トラックバック: 0

page top

ごんちゃん入院す 

2018/04/03
Tue. 18:51

今朝、何の前触れもなく突然左後ろ足が動かなくなったごん。
痛がるし、呼吸が荒い、食欲なし、お昼ごろには麻痺したのか、問題の足はダラリ~ンの状態。
それでも、2階へ上がって、今度はベランダまで出ていた。即、中へ連れ戻したけどね。

そして、病院へ連れて行く前に、症状からググってみた。
恐らく「肥大型心筋症」だろうと、素人にも判断できそうなその症状。

超音波検査と血液検査の結果、やはり「肥大型心筋症」でした。
心筋の厚さが11mmもありました。
健康な猫の倍だそうです。

   心臓の動きが悪くなると、血液の流れも悪くなり、血管や心臓の中で血液が固まってきます。
   これが「血栓」となり、体のどこかの動脈に詰まって、塞栓症を起こします。詰まる場所によって
   症状は様々ですが、特に多いのが、後ろ脚へ向かう動脈に血栓がつまり、急に麻痺がおこり、
   痛みが強く出る症状です。大声を出して騒いだり、肉球が青かったり白かったりします。この時、
   場合によっては死に至ることもあります。

ごんも動けなくなったとき後ろ足に触れると大きな声を出して痛がりました。その後、麻痺したと思われる
お昼ごろには、触れても痛がりはしなかった。Drが指摘されたのは、後ろ足の肉球の色。麻痺してる足は
白っぽくて血の気がありません。他の足はピンク色で、素人目にも血が通っているのだと、よく分かりました。




心臓の病気というものは、基本的には完治しない病気です。そのため、病気が進行しないように、心臓が
長持ちするように、血栓ができないように、お薬を使っていい状態を維持していくようになります。
お薬は、「治すため」ではなく、今現在状態があまり良くなければその状態をある程度改善し、「悪くな
らないようにするため」のもので、場合によっては「一生涯続ける」ものになります。


長生きは無理でしょうと、、、、、。一番若くて一番元気なごんがですよ、長生きは無理? 
普段はとても活発で、やんちゃで、元気だったんですよ。信じられない。
今日から何日間か入院して治療です。まずは、血栓を溶かすことから。


大変ショックな一日でした。 (ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)


[編集]

コメント: 8
トラックバック: 0

page top

お天気最高 

2018/04/02
Mon. 13:28

毎年行われるペットの春の合同慰霊祭が来週あるのだけど、
お行儀よくして長い時間座っていられない私は、今回もパス。
なので、護摩供養用の塔婆代金と、1年分の納骨堂使用料をお払いして、、、

さてその後、お花見行きたいけど人混みは嫌、疲れるということで
三徳園へ行ってみた。おぉ、おぉ、ここも人でいっぱいだ。だけど、改修工事を終えたばかり、まだ一部
改修中のところもあって、多種類の桜も植え替えたばかりのようなので、楽しみ半減。

そのままひっくり返してお家へスタコラサッサ。 o(^▽^)o アハハ!
で、日にちは変わって今日、
お庭でお花見、2匹のニャンコもお花見。 ( ̄w ̄)


you tubeへアップしたURLは↓です。
ニャンコとお花見? ←クリックしてくださいね。
なかなかきれいに写してあげられない。お写んぽも何もかもおサボり続けていたからね~


おまけの写真   ☝( ◠‿◠ )☝
P3310113.jpg


というわけで、本日も半日があっという間に過ぎてしまった。
もう4月なんですよね、しなきゃいけないこと、しようと思っていることがいっぱいあるのにね、
こうやってダラダラと日にちが経過してしまう。ちょっとは性根を入れていろいろやらなきゃ。
ほんとにグータラになってしまうよね。 「言うは易く行うは難し」 ・・……(-。-) ボソッ



[編集]

コメント: 0
トラックバック: 0

page top

2018-04