FC2ブログ
文字の大きさを「大」「中」「小」に変更できます



まみのデジブラ

全身性強皮症、甲状腺機能低下症、シェーグレン症候群、肺高血圧症を抱えつつお写んぽ時々。うまくいったら、それでよし。 うまくいかなくても、それでよし。 今日もポジティブシンキング!

今回の入院に至るまでの経過は、、、 

2020/02/11
Tue. 08:17


お天気がよいのも今日までで、明日からは数日、雨が続くという予報ですが、気温も上昇。
体調壊さないように気をつけてください。

て、ほんじつはタイトルのみで、本文はまだ未記入ですが、
高血圧緊急症って、どんな経過をたどってこうなったのよと、気になる方は後ほどお立ち寄りくださいね。
簡単に、その経過をつづってみようと思っています。


以下、後ほど、、、
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
休日なのに、結構来客があったりで忙しかった。 ε=(´。` )

今回、入院に至った経緯ですが、入院5日前くらいから37℃と少しの熱が続いていました。
が、、、大した熱でもないので、これはそのまま様子見。
高血圧ではなかったので、降圧剤は服用していなかったのですが、問題の血圧がね、

やはり、入院5日前くらいから上が150、下が70~75と、かなりの高値を示している日が続いていました。
そして、14日が定期診察日だからって、それまで様子見だけでいいかなと、、、。これが甘かったのです。
問題の14日、熱は38.6℃、血圧が200/100、頭痛に吐き気、下痢、フラフラで歩けません。

これはヤバイ。運転して病院へなんてとんでもない。
出勤の準備をしていた夫が、「送っていこうか。」と。あったりめぇじゃあありませんか、
こんな状態でどうやって一人で病院へ行くのよと、言いたいのをぐっと抑えて「はい、連れてって。」と私。

あとは意識が朦朧とした状態で病院到着。
処置室で横になって診察を待ちましたが、待っている間も、どんどんどんどん調子が悪くなる。
覚えているのは、この後、感染症の可能性もあるからと個室へ運ばれて点滴、酸素吸入開始。

その後、食事は高血圧食がずっと出ていたのですが、食べる気は一切せず、ボー。
まるで夢の中にいたような状態は1週間近く続きました。高熱も毎日続き、氷枕使用。
歩いて6~7歩のトイレに行くのも危ないからナースコールをと。

2週間近く食欲のない日が続き、気がついてみれば腕も足も体もガリガリに痩せて、小顔になっておりました。
その後、ナースコールを都度押すのも悪いので、そ~っと伝い歩きでトイレへ。そしたら、お小言頂戴。
転倒して怪我をしたら大変ですから、今日からセンサー付きのマットを敷きますって。

足を載せて体重をかけるとナースコールが鳴る仕組み。
なれてきたら、反対側にスリッパを置いて、そっとそっとおトイレへ。
これもばれて叱られましたが、、、。。。。。(*´σー`)あは。。

そんなこんなで病室の天井とにらめっこ状態が25日も続いたものですから、筋力も体力も筋肉も激落ち。
現在、室内で移動時も杖が必要な状態です。人工股関節を入れている左足が特に弱いので、またしては左へとふらつく有様。
通常の生活に戻るには、まだかなりかかりそうですね。(o´_`o)ハァ・・・


血圧が高めになったら要注意!
皆さんもお気をつけくださいね。それとヒートショックも要注意の時期です。
トイレ、お風呂での温度差には十分気をつけてください。


以上、経過を簡単に綴ってみました。

[編集]

コメント: 4
トラックバック: 0

page top

2020-02